選び方

株式会社DMD

06-6843-4300

〒561-0894 大阪府豊中市勝部3-1-12

営業時間/10:00~19:00 定休日/土・日・祝

下層キービジュアル

選び方

ヒッチメンバーの
選び方

取り付け業者様

s-img_7153


初めてヒッチメンバーをご注文になる、という販売店様から「お客様から問い合わせがあったけど、どうやって商品を選んだら良いの?」というご質問を多く受けます。
そういった場合、お客様が何を重視しているかによって選び方は異なります。
お車の種類や型式・年式・グレードによって構造、牽引クラス(規格等級)が違いますので、それぞれのお車に合ったヒッチメンバーを選ぶことになります。(どこの国のトレーラーなのか)(総重量何キロのトレーラーなのか)(どの位の荷物を載せたいのか)等、こまかな情報をお聞きしして、セット内容に不要な物があれば削除し、追加で必要な物があればご提案いたします。
当社は、ワンオフパーツの制作も承っておりますので、さまざまなご依頼に対応可能です。
車検については、ボルト・ナットで脱着可能なものであれば、構造変更申請の必要はなく、装着したまま受けることができます。

ヒッチメンバーを取り付けた際の見た目は車種によって変わってきます。
又同じ車種でもグレードによりバンパー形状が異なりますと、ヒッチメンバーの形状も変わる事がございます。
ヒッチメンバーは基本的に標準車両に合わせて作られています。
エアロ装着車、ローダウン車両では、バンパーカットなども合わせてその車体に対応した加工が必要になります。
ただ、純正エアロ装着車に適合するヒッチメンバーもあります。
当社では、ワンオフパーツの制作も承っておりますので、既製品では満足できないという方は、お気軽にご相談ください。
ヒッチメンバーは、車体のフレームに装着するため、付けた後の美観も大切になってきます。

ヒッチメンバーの写真

素材

s-img_0349

ヒッチメンバーの素材は、主にスチールとステンレスの2つになります。
スチール製は、原材料が安く、ステンレス製に比べて、低価格でご購入いただくことが可能です。
ただ、一般的な鋼材のため、錆びが発生しやすく、それによって腐食が引き起こされやいです。
一方、ステンレス製は錆びに強く、スタイリッシュです。
材料費がスチールに比べて高いため、高価なところが難点となっております。
ご予算に合わせてお選びください。

牽引クラス

牽引クラスは、ヒッチメンバー自体の強度・耐久性能を示すものです。
ご自身のトレーラー自重+最大積載重量を計算し、その重量を満たすヒッチメンバーを選ぶ必要がございます。※750㎏以上の牽引には牽引免許が必要です
また、車種によっても牽引可能な重量がちがいますので、トレーラー/ヒッチメンバーを購入される前に調べておかれる事をお勧めいたします。
モノコックフレームのお車の場合、クラスC(750kg)以上の牽引用のヒッチメンバーを製作出来たとしても、お車の強度面で不安がある場合、装着をお断りさせていただく場合がございます。

s-img_5543

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒561-0894 大阪府豊中市勝部3-1-12
営業時間/10:00~19:00
定休日/土・日・祝

06-6843-4300

店舗外観

TOP